SPACETIDE 2019 YEAR-END

Description
約700人が参加したSPACETIDE 2019から半年。
宇宙ビジネスのニュープレイヤーや関係企業を招き、2019年の振り返りと2020年にむけた展望を参加者で語り合うイベントを行います。

**** 開催概要 ****

開催時間:17:10~22:00 (会場受付は16:45から開始致します)

開催会場:室町三井ホール&カンファレンス
     東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号COREDO室町テラス3階

主催:一般社団法人SPACETIDE

協賛:(AtoZ順)

   GOLD SPONSORS

    ANAホールディングス株式会社
    スカパーJSAT株式会社
    株式会社Synspective
    さくらインターネット株式会社



   SPONSORS

    株式会社朝日新聞社
    日本航空株式会社
    京セラ株式会社
    三菱電機株式会社
    株式会社東京放送ホールディングス




会場協力:三井不動産株式会社


メディア協力
:WIRED



**** 当日のプログラム ****

17:10  SPACETIDE Progress 19/20
17:30  Year-End Sum Up
18:00  Investor Panel
19:00  Startup Pitch
19:35  SPACETIDE 2019 Sponsor Progress
20:00  Closing Remarks
20:20  Networking Party “YEAR-END SPACE”


**** パネル内容・スピーカ―・モデレータ(予定) ****

--- <17:10~17:30> SPACETIDE Progress 19/20 --- 

宇宙ビジネスとSPACETIDEの活動:2019年の振り返りと2020年にむけて


石田 真康
一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO
2003年 東京大学工学部卒。一般社団法人SPACETIDEの共同創業者 兼 代表理事 兼 CEOとして、新たな民間宇宙ビジネス振興を目的に年次カンファレンス「SPACETIDE」を主催。グローバルコンサルティングファームA.T. Kearneyにて宇宙業界、ハイテク業界、自動車業界を中心に15年超の経営コンサルティング経験。内閣府 宇宙政策委員会 宇宙民生利用部会および宇宙産業科学技術基盤部会 委員として宇宙産業振興を支援。ITmediaビジネスオンラインにて「宇宙ビジネスの新潮流」を2014年より連載中。また著書に「宇宙ビジネス入門 Newspace革命の全貌」(日経BP社)


--- <17:30~18:00> Year-End Sum Up ---

インターステラテクノロジズ株式会社の堀江 貴文氏、宇宙タレントの黒田 有彩氏をお招きし、2019年の振り返りと2020年の宇宙ビジネスの展望についてお伺いします。

堀江 貴文
インターステラテクノロジズ株式会社 取締役
1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュース、また予防医療普及協会としても活動するなど幅広い活躍をみせる。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」( http://salon.horiemon.com/ )をスタートした。近著に『捨て本』『ハッタリの流儀』など。
Twitterアカウント:@takapon_jp その他、詳細は HORIEMON.COM へ。



黒田 有彩
宇宙タレント
中学時代、作文コンクールで入賞しNASAを訪問したことをきっかけに宇宙の虜に。宇宙飛行士の試験に必要となる専門分野での“実務経験” を「タレントとして宇宙の魅力を発信すること」と定め、JAXA宇宙飛行士試験の受験を目指している。2016年11月、個人事務所 兼 宇宙の魅力を幅広く伝え るコンテンツを企画する法人・株式会社アンタレスを設立し代表取締役に就任。2017年4月から文部科学省国立研究開発法人審議会 宇宙航空研究開発機構部会 臨時委員に就任。放送大学『初歩からの宇宙の科学』など4番組に出演中。ラジオ日本『SPARK IGNITION』/ 書籍『宇宙女子』(集英社インターナショナル)ほか。
ブログ:https://ameblo.jp/kuroari-19871029/ Twitter:@KUROARI_RTTS


--- <18:00~19:00> Investor Panel ---

宇宙ビジネス投資家をお招きし、パネルディスカッションを行います。


赤浦 徹
インキュベイトファンド株式会社 General Partner
ジャフコにて8年半投資部門に在籍し前線での投資育成業務に従事。1999年にベンチャーキャピタル事業を独立開業。以来一貫して創業期に特化した投資育成事業を行う。2013年7月より一般社団法人 日本ベンチャーキャピタル協会理事。2015年7月より同協会常務理事 2017年7月より副会長 2019年7月より会長 東海大学工学部卒。



西村 竜彦
株式会社INCJ(旧 産業革新機構) ベンチャー・グロース投資グループ ディレクター
ソニー、ソニー・エリクソンで世界市場向け携帯電話やモバイル向けサービスの商品企画や事業戦略立案に従事。Xperia立ち上げなどの複数の戦略プロジェクトをプロダクトマネジャーとして牽引。産業革新機構(現 INCJ)では、宇宙、エレクトロニクス、IoT、AI等のテクノロジー分野を中心に、ベンチャー投資やグロース投資、大企業からのカーブアウト、ファンド投資、大企業との新規事業連携等に従事。特に宇宙分野では、宇宙産業担当チームリーダーとしてポートフォリオ構築やバリューアップ、産業としてのエコシステム創出に取り組んでいる。経産省起業家支援事業”始動”メンター、経産省/内閣府宇宙関連政策委員、JAXA審査委員、ワシントン州公認会計士。



渡邊 一正
株式会社エースタート 代表取締役CEO
京都大学卒業後、リクルートグループに入社し、主に人材紹介部門(現リクルートキャリア)の営業分野でキャリアを積みながら、独学でベンチャーのIPO支援等を行う。退職後、ネクストジャパンに経営参画し、CFOとして2004年に株式公開を実現。上場後、代表取締役社長に就任。2007年に退任し、ベンチャーへのコンサルティングや投資を行う。2010年、ライドオンエクスプレスのCFOに就任。2013年に自身二度目の株式公開を経て、その後、同社を東証一部上場へ導く。2015年、独立系VC、エースタートを設立。代表取締役 CEOに就任。Tech系ベンチャーファンドの運用を開始。2019年には、日本初の「宇宙ベンチャー特化型投資ファンド」を組成し、50億円超の資金を集めてローンチしている。



青木 英剛
グローバル・ブレイン株式会社 パートナー
米国にて修士号(航空宇宙工学)とパイロット免許を取得後、三菱電機にて宇宙船「こうのとり」を開発し、多くの賞を受賞。現在はベンチャーキャピタリストとして宇宙ベンチャー等の支援に従事。また、「宇宙エバンジェリスト」として民間主導の宇宙産業創出に貢献。一般社団法人SPACETIDE 共同創業者 兼 理事。一般社団法人Space Port Japan 共同創業者 兼 理事。JAXAや政府委員会の委員等を多数歴任。



Moderator/モデレーター 佐藤 将史
一般社団法人SPACETIDE 理事 兼 COO
一般社団法人SPACETIDE 共同設立者 兼 理事 兼 COOとして、日本初の民間発宇宙ビジネスカンファレンス"SPACETIDE"の企画・運営を行う。野村総合研究所にて16年間、宇宙ビジネスやスタートアップ支援、オープン・イノベーション関連のコンサルティングに、政策立案から企業戦略まで幅広く従事。2019年6月、ispaceに参画。東京大学理学部卒(地球惑星物理学・2001年)・同大学院理学系研究科修了(地球惑星科学・2003年)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)MPP(公共政策学修士・2013年)。総務省「宇宙利用の将来像に関する懇話会」「宙を拓くタスクフォース」構成員。気象庁「静止気象衛星に関する懇談会」委員。大学院時代にはハワイ・すばる望遠鏡のデータ解析の研究に没頭。


--- <19:00~19:35> Startup Pitch ---

宇宙ビジネススタートアップ6社によるピッチを行います。


繁田 亮
株式会社天地人 技術アドバイザー(共同創業者)
東京大学大学院工学系研究科特任助教。東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程卒業後、マイクロソフトディベロップメント株式会社オフィス開発統括部でOffice新製品開発に従事。その後、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程に進学し、農業用土壌センサの研究で博士号取得。農業用センサに関する専門知識を生かし、株式会社SenSproutに創業当初から関わる。S-Booster 2017にて衛星データを活用した海上農業の提案を行い、ファイナリストとなるも受賞を逃す。リベンジを目指し、S-Booster 2018に衛星データを用いた農地評価ソリューションの提案で再度挑み、審査特別賞・ANAホールディングス賞・JAL賞の3賞を受賞。そのアイデアをもとに共同創業者として株式会社天地人を起業。



羽生 雄毅
株式会社インテグリカルチャー 代表取締役CEO
2010年、オックスフォード大学博士(化学)、東北大学多元物質科学研究所、東芝研究開発センター、システム技術ラボラトリーを経て、2014年、細胞農業の実現に向けて研究者や学生数名とともに細胞培養肉の研究開発の有志団体”Shojinmeat Project”を立ち上げる。細胞培養肉の事業化に向けて2015年にインテグリカルチャー(株)を設立、代表取締役を務める。



常間地 悟
株式会社ワープスペース 取締役CEO
筑波大学在学中(20歳)に最初の起業。これまでに4社の立ち上げに携わる(うち1社ベトナム)。主にITスタートアップ等の創業メンバー/役員として経営戦略、ブランディング、法務、財務等を主に担当してきた。現在、マルチアントレプレナーとしても活動し、筑波大出身の経営者で組織するインキュベーション団体では理事として次代のスタートアップの育成をしている。ワープスペースでは2016年11月~2018年12月まで社外取締役、2019年1月からCEO。



S-Booster2019入賞チーム(日本)
TBD


Lochlainn Wilson
SE4 CEO & Co-founder
Lochlainn Wilson is an Australian serial entrepreneur, and technologist who is based in Japan.
His core interests are: Environment, Futurology, Human Augmentation, Mixed Reality, Robotics, Sustainable Humanity and Space. As CEO of SE4, Lochlainn is working towards sparking the industrialization of space, a step in our development as a species which he sees as critical to achieve long term sustainability.
Lochlainn has now spent most of his adult life in Japan, having moved several times for study or work. He most recently moved to Japan to co-found FOVE as its CTO in 2013. Previously, Lochlainn directed the development of the world's first consumer eye tracking VR head mount display at FOVE until late 2018.
Before this he was the president of Hackerspace Brisbane (HSBNE). He graduated from the University of Queensland with a Science Degree in Mathematics & Computational Science.
In the next few years he plans to grow SE4 into a multi-national company which provides practical remote robotics services on earth and in space.

※本ピッチに通訳はございません。予めご了承ください。


三村 昌裕
株式会社ポーラスター・スペース 代表取締役
東京工業大学 大学院博士前期課程修了。2001年、社会課題解決型事業創造とテクノロジーを梃とした企業戦略支援を目的として三村戦略パートナーズを設立(現、株式会社フューチャーアクセス)。多くの上場企業の次世代戦略や新規事業創造及びベンチャー企業の立上やIPOに携わる。2017年4月、リモートセンシング技術を活用したデータソリューション事業を志向して株式会社ポーラスター・スペースを設立。北海道大学発ベンチャーとして北大の研究成果の社会実装を担う。2019年、経済産業省によりJ-Startupに選定される。


--- <19:35~20:00> SPACETIDE 2019 Sponsor Progress ---

SPACETIDE2019 スポンサー企業各社のプレゼンテーション(一社5分)を行います。


鬼塚 慎一郎

ANAホールディングス株式会社 
グループ経営戦略室 事業推進部 マネージャー兼、
宇宙事業化プロジェクト プロジェクトマネージャー
ANAホールディングス・グループ経営戦略室所属、宇宙事業化プロジェクト・プロジェクトマネージャー。一般社団法人 スペースポートジャパン 理事。
大学卒業後、エアライン系商社にて航空関連の新規事業開発や航空機ファイナンスの組成、航空物流コンサルティングなどを手掛ける。現業では全社戦略の策定や事業会社戦略の実行支援、イノベーション関連投資、空港コンセッションなどに従事。


加藤 鉄平
スカパーJSAT株式会社
スペースインテリジェンス開発部

2007年にJSAT株式会社(現スカパーJSAT)に入社。主に、国内およびアジア、米国市場を対象に衛星通信サービスの企画・営業を手掛ける。
その後、NewSpace領域における新規事業の創造を志向し、シリコンバレーでの勤務経験も経てスタートアップとのアライアンスや投資活動、および事業創出に向けた各種企画や戦略策定などに従事。


今泉 友之
Synspective
General Manager, Solution Development
約9年間、地理空間情報プロバイダー会社にて衛星事業に従事。ASNARO-1衛星地上システムにおける高速画像処理システム開発を経て、Deep Learningによる衛星画像からの地物認識研究開発のプロジェクトリーダーを務める。その後、Deep Learningを活用したリモートセンシングデータ解析サービス開発をリード。
2018年4月より、株式会社SynspectiveにSolutions Development Department&Ground System DepartmentのGeneral Managerとして参画。また、2015年12月より産業技術総合研究所人工知能研究センターにて特定集中研究専門員として衛星画像解析研究にも従事。


松浦 直人
さくらインターネット株式会社
フェロー
宇宙航空研究開発機構(JAXA)において、人工衛星の追跡管制や開発業務を経て、衛星データの解析研究や衛星プロジェクトの企画立案業務など20年近く地球観測関連業務に従事するとともに、予算、人事などの管理部門にも携わる。地球観測研究センター長、新事業促進部長などを経て、2019年7月末で退職。8月よりさくらインターネットにおいて、宇宙データプラットフォーム(Tellus:テルース)事業に関する助言、提案ならびに情報を発信中。



--- <20:00~20:10> Closing Remarks ---
 
石田 真康
一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO


--- <20:20~22:00> Networking Party “YEAR-END SPACE” ---
 
登壇者及び参加者によるネットワーキング パーティ(同会場での開催となります)


--- Navigator ---

田中 沙季
一般社団法人SPACETIDE


**** チケットに関する注意事項 ****

・カンファレンスのみ、ネットワーキングのみのチケット購入はできません。
・チケットお申し込み後のキャンセル・払い戻しについては、お受けできません。
 ご了承の上でのお申込みをお願い致します。


**** 本イベントに関するお問い合わせ先 ****

一般社団法人SPACETIDE内 SPACETIDE運営事務局 
Email: info@spacetide.org

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#492248 2019-11-08 00:02:12
More updates
Wed Dec 11, 2019
5:10 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
COREDO室町テラス3階 室町三井ホール&カンファレンス
Tickets
入場券(カンファレンス&ネットワーキング) ¥6,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 10, 2019.

Venue Address
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 Japan
Organizer
一般社団法人SPACETIDE
806 Followers
Attendees
94